朝早く出勤して、夕方遅くなってから退勤しなさい。公務は生半可ではできないのです。一日分をやり終えるのも難しいくらいです。遅く出勤したりすると、緊急の案件があった時に困るし、早く帰ったのでは、仕事をやり残してしまいます。

これが十七条の憲法の第8条のだいたいの意味。最近ではあんまい流行らないのかもしんねーが、猛烈社員型教育って感じだよなぁ。でも、仕事ってのは毎日発生する訳で、「後で・・・」な~んて思ってると、夏休みの宿題みたいに、始業式の前の日に徹夜したりすることになっかんなぁ。やっぱ、その日の分はちゃんとその日のうちに片付けちまうようにしねーとな。