今日は奈良の都が出来た日らしい。いわゆる平城遷都ってやつな。今残ってる建物見ても立派な都だと思うんだが、都だったのは100年にも満たない。なんでなんかねぇ。せっかく作ったんだから、ず~っと使えば良かったような気もするんだが。やっぱ、政治的な都合で都を変えなきゃなかったんだろうなぁ。為政者はそれでいいのかもしんねーが、新しい都作らされたり、引っ越さなきゃなんねー奴らからみりゃ迷惑なだけのような気もするんだがなぁ。それとも、今のゼネコンみたいに、それで儲かった奴らも多かったんかなぁ。

まぁ、京が都になってからも、南都としてそれなりに栄えたようだから、平城京の造営は無駄って訳でもなかったんだろうけどな。そういやぁ、しばらく奈良に行ってねーなぁ。いい季節だし、たまには遠出してみっかぁ。