マキャベリっていうと権謀術数って感じで、あんましいいイメージはないんだが、別に権力闘争がいいって言ってた訳でもないらしい。

君主論の中でも「恐れられる方がはるかに安全」って言ってるんだが、それには前振りがあって「愛されて恐れられるのが望ましいが、どちらかを選ばなければならないとすれば」って前提があったりする。言葉って、一部だけを抜き出しちまうと、なんか別のことを言ってるような感じもしてくるよなぁ。これと同じで、ニュースとかインターネットでも、なんか初めの意味と全然違う意味で伝わっちまうことがある。抜き出した方に悪意があるかないかは別にしても、やっぱ、そういうのって気付けなきゃダメだよなぁ。

今日は、マキャベリが生まれた日。マキャベリズムって言葉があっけど、そういうふうに言われるのって本意だったんかなぁ。