これ読めるっかぁ?普通に読めば「せやくいん」って読みそうだが、「施」は読まなくて「やくいん」って読むらしい。

この施薬院、病気に苦しむ貧しい人たちを助けようと聖武天皇の皇后が作ったらしくて、貧しい人たちを救済する悲田院とセットになっている。やっぱ、困ってる人たちを救うってのは、国にしろ地域にしろコミュニティの基本機能だかんなぁ。光明皇后もそこらへんは分かってたんだろうなぁ。

ちなみに、この光明皇后、初めて民間から皇后になった人らしい。今日は、施薬院が設置された日。光明皇后もいろいろ苦労もあったと思うが、ほんといいことしたよなぁ。