97年前の今日は競泳の100メートル自由形で初めて1分の壁を突破した日らしい。今では46秒台まで縮んだらしいが。

オレ不思議に思うんだが、これって人間の身体がそれだけ進化したってことなんかなぁ。それとも、水着とかのハイテク化のせいかなぁ。何万年もかけて生物が進化するってのは分かるような気がするんだが、たかだか100年だもんなぁ。生物的に進化したとは思えねーんだよなぁ。

それとも、100年前にもそんなすんごい奴はいたんだが、競泳選手としては見出されなかったってことなんかねぇ。その方がまだ理解しやすい気もするが、そんなこともねーような気がする。

そういう意味で、人間の限界ってのはあるんかなぁ。なんか、怪しくなってくるよなぁ。