紫って高貴な色ってされるよなぁ。オレ自体はあんまし好きな色じゃねーんだが、紫色の基となった貝紫が希少なんで、高貴な色ってことになったらしい。

綺麗だから高貴ってのは分かるような気がするんだが、希少だから高貴ってのはどうなんだろうねぇ。まぁ、他の財にも言えるんだが希少ってのはやっぱ価値なんかねぇ。先に「綺麗だ」とか「美味しい」とかの価値観が来て、その次に「希少」が来るってんだったら分かるんだけどなぁ。欲しい物が少ないと、やっぱ奪い合いになるだろうから価値は上がるんだろうが。

今日は、お坊さんの最高に衣とされる紫衣勅許を巡って、幕府と朝廷が対立した日。それんしても、オレは紫色よっか黄色の方が綺麗だと思うんだけどなぁ。