164年前の今日、ある奴隷廃止論者が奴隷制擁護者5人を殺害した。奴隷による反乱も企ててたらしくて、捕まって死刑になった。それが南北戦争の一因になったともいわれている。奴隷制ってのは間違ってると思うが、奴隷解放に反対する奴は殺していいってことにはなんねーよなぁ。

目的はどんなに正しくても、それで手段が正当化されることはない。もし、殺人が間違ってるとすれば、戦争も間違っていると思う。今回のコロナ騒ぎでも同じようなことが起きてねーかなぁ?

みんな正義感に基づいた行動なんだろうが、正義感ってのも危ういってことに気を付けとかねーとな。