今日は大坂夏の陣で大阪城が炎上した日だそうな。建てた時は落ちることはないって設計されたんだろうが、策略で堀も埋められて仕方なかったんだろうなぁ。そう考えると万全な守りってのはあり得ないってことになるよなぁ。まぁ、人間の考えることだから完璧ってことはねーんだろうが。

うんでも、今でも似たようなことが起きてねーかなぁ。次々新兵器を開発して「オレんところはこんなにすげーんだから、気付けとけよぉ」って威嚇するんだが、暫くすると追いつかれて効果がなくなっちまう。まぁ、それで科学技術が発展しているって言えばそうなんだが、莫大な金をかけて、なんかあんましいい話じゃねー気がするんだよなぁ。

それほど、隣人を信用できねーってことなんだろうねぇ。疑いってどうして起こるんだろうねぇ。