今日はお釈迦さんの生まれた日で灌仏会だよなぁ。まぁ、本来は旧暦の4月8日らしいんだが。

オレの思い違いかもしんねーが、本なんか読んでると、初期の仏教と今の仏教ってちょっくら違う気がするよなぁ。もともとの仏教は、悩み苦しみから逃れるためには、どう考えることが必要かってどっちかっちゅ~と哲学講座みてぇ~な感じだったと思うんだが、その後の大乗仏教になると哲学じゃなくて、宗教そのものになっちまうもんなぁ。

まぁ、個人の幸せだけじゃなくて、人類そのものの幸せのためには・・・ってことなんだろうが、お釈迦さんはどう考えてたんかねぇ。今じゃあ確かめようがねーが、オレのイメージとしては宗教家ってよっか、教師って感じなんだけどなぁ。