今日は統計に関する太政官布告が出た日ってこって、「統計の日」になってるらしい。やっぱ、社会の向かっている方向とかを知るのは大事だろうかんなぁ。

うんでも、統計って数字だけの世界なもんだから、その数字をどう読むかが大事だと思うんだが、読み方を知らない奴が多くなってるような気がするんだよなぁ。上がった下がったって単純な見方だけだと、どうにもならないような気もするんだが。三角関数なんてどうでもいいから、学校で教えた方がよっぽど役に立つと思うんだけどねぇ・・・なんていうと理系の奴らに怒られちまうっかぁ。

統計だけじゃないけど、物事って解釈の仕方でどうにでもなるよなぁ。その危うさだけは覚えておいた方がいいと思うなぁ。